Welcom 学生ローンのキャッシングLIB 
メインメニュー ホーム サービス ご返済について よくある質問FAQ 個人情報について 消費者金融業界の課題
学生ローンとキャッシングの極め

学生ローンやキャッシングには「善」と「悪」が存在する---
これはまさに学生ローンとキャッシングを極めた究極の格言です。
それぞれの善と悪は会社単位での話ではなく、キャッシングした資金の使い道によって双方に分かれるということです。
そもそもキャッシングそのものは決して悪いものではなく、単にイメージが定着してしまったにすぎないものです。
時々新聞やニュースで報じられる消費者金融の強引な取立て、これは確かに一部の心もとない消費者金融ではあるでしょう。
しかしそうした報道がされるのはごく僅かです。
貸金業者は様々な要因で激減したと言われますが、それでもまだまだ3千社はあります。
これだけの消費者金融がありながら、消費者金融の強引な取立てなどを報道する記事やニュースは何年かに1度です。
つまり、ほとんどの消費者金融はコンプライアンスを遵守しているのです。
逆に借り入れができずに困っている人々も大勢います。
中小の零細企業はまさに「貸し渋り」の影響の煽りを受け、次々と倒産に追い込まれています。今はお金がないけれども、来月には大きな契約が見込まれ、その契約が成立すれば会社は立て直せる、そんな状況の会社はたくさんあるのです。
新しい機械を購入できればこの先もまだまだやっていける、しかしその購入資金がない、そんな窮状に追い込まれた街工場や商店など、いたるところで存在するのです。
こうした零細企業が救いを求めるのは銀行ですが、銀行は担保がなければ貸してもらえません。ましてや倒産寸前の会社など相手にするわけがないのです。
そんな時に「最後の貸し手」といわれたのが、事業者向け消費者ローンです。
いわゆる商工ローンといわれるものですが、貸金業法の改正・総量規制の導入・上限金利の引き下げ等、厳しく大きな壁にぶつかり、事業者向け消費者ローンの体力は瞬く間に減退していきました。結果として、貸す金がなくなりそれが貸し渋りを生み、借りられずに困る人々が溢れかえっているのが今の日本の経済事情です。
先日ドラマを見ていたら、まさにそのシーンがあり衝撃を覚えました。
街の食品会社が風評被害で次々に得意先が離れ、やがては銀行も見放し、会社の社長が首を吊って保険金で残された家族や従業員を救ったというとても悲しい結末でした。
結局はこの会社の風評被害は晴らされ、その後順調に会社が建て直るわけですが、一体何の為に社長は命を絶ったのだろうと思います。
もし銀行が融資をしていれば命を絶つ必要はなかったので、まさにこの時にもしキャッシングができたならば、命を救うキャッシングということになるのです。
一方では、ギャンブルなどにのめりこみ、湯水のように使い込んでしまうキャッシングはよくありません。用途によって、その人を救う場合もあれば、逆に破滅においやってしまうこともある。このことを理解することが、「キャッシングの極め」というものなのです。
サイドメニュー
学生ローン比較Navi
学生ローンl利用の第1歩は「比較」から。
正しい比較方法と見極め方を解説します。
学生ローン・キャッシングの極め
批判の的となりやすいキャッシングですが、用途によっては善となる場合もある。正しいキャッシングを理解しましょう。
キャッシングNOW
キャッシングの第1歩は比較から・・きちんと条件を比較して、納得のいくキャッシングを!!
学生ローン特集
学生ローンにこだわる厳選ものを紹介!!
更新情報・その他
2009/06/04
「キャッシングの極め」を追加しました。
キャッシングは非難の的となりやすいものですが、用途によっては人を救うこともあります。
何が善で何が悪か、見極める力が必要なのです。



Copyright(C) 2009 学生ローンのキャッシングLib  All Rights Reserved.