Welcom 学生ローンのキャッシングLIB 
メインメニュー ホーム サービス ご返済について よくある質問FAQ 個人情報について 消費者金融業界の課題
今後の学生ローンの展望

今後の学生ローンの展望は?とよく聞かれることがあますが、はっきり言って過払い金の問題がどういった形で終焉を迎えるのか、それと総量規制の問題が大きな課題でしょう。
総量規制とは、1社での借り入れ金が50万円を超える場合、または他社との合算額が100万円を超える場合には,収入証明を必要とするものであり、年収の3分の1を超える場合は借り入れができないというものです。
学生ローンはご存知の通り、学生専門のローン会社です。
学生ということは収入はまずありません。
ほとんどが親からの仕送りと、ちょっとした小遣い稼ぎでアルバイトをしているという程度です。バイトの収入が月に2万円という学生さんもめずらしくありません。
月2万円ということは、年収にして24万円です。ということは、この人は8万円しか借りられないという計算になります。
もしこのような事態が現実となった場合、学生ローンは成り立たなくなり、この世に学生ローンという存在が消えてなくなってしまうのではないでしょうか。
営業か成り立たない云々もありますが、貸金業者としての「登録」が通らないことだって考えられるのです。
学生ローンの利用者は年間で推定2万人〜4万人です。全体から見れば僅かな規模ですが、学生さんにだつて借りる権利はあるはずです。
もし学生ローンがなくなれば、学生さんたに与える影響として、
@若者の消費が減るので、日本の経済にも影響
A試験期間中などもアルバイトをやらなければならないケースが想定され、学生さんの学力低下に繋がる恐れがある。

学生ローンはもはや単なる一庶民金融ではないのです。
学生ローンを必要とする学生さんが、全国には大勢います。
もし、いきなり学生ローンが゜なくなれば、彼らは途方にくれ、ヘタをすればヤミ金に奔る学生さんも出てくるでしょう。
これは単に想定話ではなく、一般の消費者金融業界では既に起きている現象なのです。
消費者金融業界では既に貸し渋りがおきています。
これは相次ぐ過払い金返還請求と、上限金利の引き下げという問題から、消費者金融会社は優良顧客のみに貸したいという思惑が働き、融資の制約率が40%ほどにまで落ち込んだという現実があり、残りの60%の人達は我慢するかヤミ金に奔るかのいずれかしか選択肢がなくなったのです。
こうした問題は金融新聞や経済新聞でもしばし報じられています。
以前と比べ、かなりその数は減少したといっても、まだまだ3千社もある消費者金融業界ですらこの状態です。それに比べて学生ローンは全国に15社ほどしかありません。
学生ローンがなくなれば、学生ローンを必要とする学生さんたちは、必ず困ることになります。こうした現実を総量規制の発案者は考えていたのでしょうか。
サイドメニュー
学生ローン比較Navi
学生ローンl利用の第1歩は「比較」から。
正しい比較方法と見極め方を解説します。
学生ローン・キャッシングの極め
批判の的となりやすいキャッシングですが、用途によっては善となる場合もある。正しいキャッシングを理解しましょう。
キャッシングNOW
キャッシングの第1歩は比較から・・きちんと条件を比較して、納得のいくキャッシングを!!
学生ローン特集
学生ローンにこだわる厳選ものを紹介!!
更新情報・その他
2009/06/06
学生ローンの今後の展望についてまとめてみました。特に問題なのは総量規制の問題です。
学生さんはキャッシングができない世の中になるのでしょうか。



Copyright(C) 2009 学生ローンのキャッシングLib  All Rights Reserved.